カードローンとキャッシングの違いとは?

カードローンとキャッシングの違いをいまいちわからないという方は実際に多いです。
この2つの違いは、返済方法です。
カードローンは残高で算出され金利が一定となっています。
それに、分割での返済が可能となっているので、多額の金額の借入をしても返済に困ることがありません。
キャッシングは、基本は一括での返済となっています。
しかし、中には分割で支払うことができたり、毎月言って金額の支払いができるリボ払いなどの方法が出てきています。
このことから、キャッシングとカードローンの違いというのは細菌ではなくなってきているのです。
カードローンやキャッシングを利用する方は、まず違いを理解することから始めると利便性の高いお金の借り方ができるでしょう。
ただ、利用をする前に本当にお金が必要なのか?再確認することが大切です。



カードローンと実質年率の関係について

カードローンに申込みをする前に実質年率というものを確認しておきましょう。これは返済をする際に重要になってくる数字となってきますので重要性が高いです。


カードローンには、実質年率というものがあります。
この年率を借入する前に把握しておかないと、毎月の返済額を調べることができません。
実質年率は、借入をしたお金に対して年間を通じどのくらいの利息の支払いをするのかをいうのを割合で示したものです。
消費者金融では、利息制限法というものがありますので上限金利を年15%~20%と決まっています。
これ以上の金利にすると、法律的には違反となってしまいます。
実質年率を日割りで算出した数字が毎月返済をする金額に上乗せになってきます。
年率に関しては、カードローンを利用する人の状況によって異なってきて、初めてカードローンを利用する場合には比較的高めの年率になっていることが多いです。

返済を滞ることなく毎月きちんと返済をすることによって徐々に低金利にしていくことができます。



安定した収入があれば利用できるカードローン

正社員でなくてもカードローンを利用してお金を借りることができます。パートやアルバイトの方でも毎月決まった収入があれ申込みをすることができますので計画的に利用していきましょう。

カードローンはパートやアルバイトの方でも借入をすることができる便利なものです。
最低条件として、毎月安定した収入があると証明をすることで、カードローンはどんな人でも利用することができるのです。

しかし誰もが申込みができるカードローンですが、審査に通過しなければお金を借りることはできません。
審査基準については、カードローン会社によって違っているのでまずは申込みをしてみることが必要です。

過去に自己破産をした方や滞納をしてしまったなどと言った金融事故が特になければほとんどの方は審査に通過することができます。
いわゆるブラックになっている方は、例え数年前でもリストに残っている可能性が高いので、申込みをする前に思い当たるふしを考えてみることも大切になります。

カードローンはお金をもらったわけではないので最後まで返済をしなければいけません。


PAGETOP